さし餌の道具

さし餌の道具は、100均で買ったステンレスの計量カップとちょうどいい大きさの100均で買ったマグ、さし餌の温度を計るちっちゃい温度計、それからさし餌用のスプーンはベタファームのスモールです。さし餌スプーンは安いのとかプラスティックのとか、使ってみましたが、うまく口の中へ流れなかったり形が合わなかったりでこれになりました。

さし餌は4週齢になってから、生後21日目位から始めますが、もうちょっと早く小さな雛から始める場合には、シリンジ(注射器)や、下の写真のようなスプーンとシリンジが合体したような物を使う時もあります。

マグカップに水を入れてレンジで1分ほど温め、その間に計量カップに水とパウダーフードを入れて溶いて置きます。マグカップの水がチン出来たら上に計量カップを乗せ、スプーンでかき混ぜながら温度計で40度から42度ぐらいになるようにします。50度だと熱すぎるのでマグカップから降ろしたり、乗せたり調節します。

雛の成長具合を見ながら、パウダーフードに乳酸菌や小松菜のパウダーを加える時もあります。